僕は、若い頃にボクシングをやっていましたが、プロテストで
相手選手にボコボコにされて、首の骨を痛めてしまい
プロ選手になることを断念しました。

その後は、ボクシングトレーナーとして、ほんのちょっと活躍。

そして、どうしても試合に出たくて、最後にアマチュアの試合に
出場しました。

相手は、近畿大学の選手で高校の時は大阪で3位の選手でした。

僕は、あっけなく1ラウンドレフェリーストップ負け……

そして、ボクシングはやめました。

45歳くらいの頃、再びボクシングジムに通い「おやじファイト」に出ると
意気込んで練習していましたが、仕事が忙しくて出場できませんでした。

今でも、たまに近所の公園で練習したりしています。

僕の1番の趣味です。