ジャブというのは、ボクシングでは一番大切なパンチです。

右利きなら、左の腕を前にして右拳はアゴの前に置く。
足は、左足を前にして、右足は後ろにしてつま先を
ちょっと立てる。

そこから、左のジャブをまっすぐ出すこと。

まずは、肘を上げたりせずに、まっすぐ出していき
相手に当たるくらいの手前で拳をひねること。


試合でジャブを多く出せば、相手はなかなか中に入ることが
できなくなるので、試合をコントロールしやすくなります。

まずは、毎日ジャブを出し続けることを心がけて練習しましょう。

サウスポーの場合は、右ジャブです。