ストレートをちゃんと打てるようになればKOが増えます。

まずは、基本を教えましょう。

右構えの人を例にあげて説明します。

まずは。右拳はアゴの前に、左は顔の前に
脇をしめて構えて下さい。

ストレートを打つときには腰の回転と足の蹴りが
大切になってきます。


順番としたら、腰を回してそれにパンチがついてくる感覚です。
そういう感じで体重移動していかないと、効くパンチは打てません。

●腰をまわす。
    ↓
●そのまま肘をあげず脇をしめてストレートをまっすぐ出す
     ↓
●当たり際に、拳をひねる


こんな感じで何度も、練習してみて下さい。

後ろから、前への体重移動を意識しながら
練習してみて下さい。