フックも、磨けばKOパンチとして、武器になります。

フックというのは、最初のうちは、なかなか上手く打てないパンチ。

どうしても、力が入らなくて、強いフックがうてないという人が多いです。

それは、腰の回転をうまくできていないから。

まずは左フックの打ち方の基本
まず、構えた位置から、右の拳は右のテンプルのあたりをカバーします。
そして、腰を左にひねります。そのまま腰を右に回転させて
そこに、左腕を曲げて打ち抜く感じです。


この時、左の腕は90度に折り曲げて脇をあげて
だいたい自分の肩の高さの位置で打ちます。

右フックの場合は、その逆で左拳を左のテンプルをカバーして
腰をほんのちょっと、右にひねり腰を左に回転させながら
右の腕を90度に曲げて打ち抜く感じです。

何度も何度も、反復練習をしてコツをつかんで下さい。