以前は、ひねくろという名称で販売していましたが現在は、ひね炎焼き
命名。量も増量して販売しています。
 
ひねというのは、メスの親鳥のことで身が固くてジューシーです。
 
その親鳥のモモの身を網の上で焼き、味付けしていきます。
 
最後は、鶏の脂を炭の上に落して炎で焼いていきます。
 
そのために、鶏の身は黒くなっています。